プロフィール・沿革

スポンサーリンク

サークルプロフィール

サークル名:教授会

代表者:紗那教授

設立:2015年5月

所属員数:5名

主な活動拠点:関西

頒布作品内容:小説を中心とした一次創作(オリジナル)作品(SF、ファンタジー、恋愛等)

主要参加イベント:文学フリマ、コミティア、Text-Revolutions

サークルメンバー

名前:紗那教授(シャナキョウジュ)
担当:サークル代表、全作品の文章
特徴:多彩なジャンルが書けること
創作以外の趣味:ロードバイク、スーパードルフィー、たまに女装男子
紗那教授 (@prof_shana_GG3S) / Twitter

名前:Sensei(センセイ)
担当:イラスト、売り子
特徴:キレイな女の子の絵
創作以外の趣味:ソシャゲ、モンスターハンター等のゲーム
sensei (@sensei087026) / Twitter

名前:黒野すらる(クロノスラル)
担当:イラスト、売り子(極稀)
特徴:可愛い系の画風
創作以外の趣味:サバイバルゲーム
黒野すらる(@Kurono_sral) / Twitter

名前:ジョッシュ(ジョッシュ)
担当:四コマ漫画、売り子
特徴:ギャグ系の四コマが得意
創作以外の趣味:ゲーム

沿革

2021年

継続中

<サークル参加イベント>

  • 全通販型同人誌即売会Text-Revolutions Extra2
  • 名古屋コミティア58
  • 第九回文学フリマ大阪

2020年

コロナショックにより直参イベントは参加中止もしくは自粛。

創作のモチベーションが最も上がらなかった年。

<サークル参加イベント>

  • 全通販型同人誌即売会Text-Revolutions Extra

2019年

<サークル参加イベント>

  • 関西コミティア54
  • 第一回文学フリマ広島
  • 第8回 Text-Revolutions
  • 名古屋コミティア54
  • HUB a NICE D!神戸
  • 関西コミティア55

2018年

文学フリマ金沢はこの年が初参加。また、長年出し続けてきた『百獣の女王』が最終巻を迎える。

資格試験の勉強のため、秋季は1イベントのみの参加。

新刊『文芸小説で同人活動を始める』が、当サークル比で他作品よりも圧倒的に多い頒布数を記録。

<サークル参加イベント>

  • 第二回文学フリマ京都
  • 名古屋コミティア52
  • 関西コミティア52
  • 第四回文学フリマ金沢
  • 第7回 Text-Revolutions
  • 第六回文学フリマ大阪

2017年

​例年通りのイベントに参加。今年から東京の参加イベントはテキレボ一本に絞ることを決意。​

秋は仕事がかつてない繁忙を迎え、イベント参加は文フリ大阪のみ。

<サークル参加イベント>

  • 第一回文学フリマ京都
  • 名古屋コミティア50
  • ​関西コミティア50
  • 第五回文学フリマ大阪

2016年

Text-Revolutionsでは運営の手伝いとして初めてテキレボメンバーズとして参加。

僅かな時間ながらイベント運営の様子を目の当たりにし、自分自身にとっての学びとなる。

秋には新たな助手を迎え、今期も東京、名古屋、大阪の各イベントに参加する。

<サークル参加イベント>

  • 第3回 Text-Revolutions」(テキレボメンバーズ)
  • 名古屋コミティア48
  • 第二十二回文学フリマ東京
  • 関西コミティア48(関西応援アンソロジー『関西財十』に兵庫県枠で参加)
  • 尼崎文学だらけ
  • ​第四回文学フリマ大阪
  • ​関西コミティア49
  • ​第四回 Text-Revolutions
  • 名古屋コミティア49
  • 第二十三回文学フリマ東京

2015年

創作文芸サークル「教授会」としてサークル活動復帰。

頒布作品は『百獣の女王』、『姫君の守り手』、『囚飾活動-シュウショクカツドウ-』の3点。
ネットでは「小説家になろう」主催の、「第三回 エリュシオンノベルコンテスト」にて、『百獣の女王』が一次選考のみ通過。

<サークル参加イベント>

  • 第二十回 文学フリマ東京
  • コミティア112
  • 関西コミティア46
  • 第三回 文学フリマ大阪
  • 名古屋コミティア47
  • 関西コミティア47
  • Text-Revolutions 第2回
  • コミティア114
  • 第二十一回 文学フリマ東京

2014年

『百獣の女王』のWEB連載に専念。ファンがついて下さる等の恩恵を受け、創作にますますやりがいを感じる。

翌年オフの活動に復帰したい、しかも大阪だけではなく一番規模の大きい東京にも行きたいと考えるようになる。その視察と勉強のために以下のイベントに一般参加する。

<サークル参加イベント>

  • 関西コミティア45
  • 第十九回 文学フリマ
  • コミティア110

ブースのレイアウトや、各サークル様の作品頒布の仕方、創作に対する考え方等に着目。
また、自分から積極的にコミュニケーションをとることで、リアルな情報を糧とする。

2013年

サークル活動休止。原因が自分にあると分かっていながら、創作に関しては落ち込む日が続く。
しかし、書くことは止められず、『百獣の女王』のプロット作りに専念する。
秋に一般で「関西コミティア43」に参加。
買い物に専念し、他サークル様の作品を純粋に楽しむ。
「小説家になろう」に再登録。”紗那教授”として、SF小説『百獣の女王』の連載をスタートさせる。

2012年

“Professor・S”名義で「関西コミティア40」にサークル参加。

一次創作の同人イベント初デビュー。
頒布作品はコピー本の『姫君の守り手』のみ。
しかし、大学の部活の時と同じ感覚で出展し、頒布数は1冊。
広報活動もしていなかった。

多人数参加と一人参加、そして二次創作と一次創作の違いを痛感する。
秋には「関西コミティア41」にリベンジ参加。しかし、頒布数は0冊。
前回同様、誰とも会話することなく一日を終える。

2011年

ゼミで培ったノウハウを活かし、ファンタジー小説『姫君の守り手』を執筆。
「小説家になろう」において二次小説への規制が強化されたため、『北風遊香の研究レポート』は削除。
同時に、「小説家になろう」を退会する。
また、後の看板作品となる『百獣の女王』の構想に着手する。
二次創作から一次創作に心がシフトしていく。

2010年

小説を書く時間をきっぱり捨てて就職活動に専念。

しかし、リーマンショックの時代であり、非常に苦戦する。
そのときのエピソードは、5年後に書き上げる『囚飾活動 シュウショクカツドウ』に生々しく描かれている。

2009年

アニメやカードゲームでお馴染みの『遊戯王』を愛してやまなかったため、二次小説を書くことを決意。
作品名は『北風遊香の研究レポート』。

同時にネット小説SNS「小説家になろう」に登録して公開。
文庫本にすると約300頁くらいの量はある、長編小説として無事に完結する。

2008年

「こみっく★トレジャー」には引き続き、部活で参加。
小説の方は後の『姫君の守り手』と同世界観で描かれる、『淑女の涙』を執筆。
吸血鬼バアル=デュオ=アレバヌスの妻、マリー=デュオ=アレバヌスが主人公といった内容の物語。
大学のゼミでは文学を専攻し、小説の技法や物語の形式について学ぶ。

2007年

処女小説『星の猟人』を執筆。
後に書き上げる『姫君の守り手』の主人公の母親である、セイラが主人公といった内容。
夏に、大学の部活(漫研)で「こみっく★トレジャー10」にサークル初参加。生まれて初めて体感した同人誌即売会。
また、頒布作品の一つに『星の猟人』を漫画化したものがあった。
同人活動の火が灯った、創作の原点となる年。

タイトルとURLをコピーしました